さくら夙川接骨院、ロコモ対策を考える | 西宮市・芦屋市・神戸市 さくら夙川接骨院

Blog記事一覧 > 未分類 > さくら夙川接骨院、ロコモ対策を考える

さくら夙川接骨院、ロコモ対策を考える

2012.07.12 | Category: 未分類

 

こんにちは、さくら夙川接骨院の木屋です。

ゲリラ豪雨、みなさん聞いたことありますか?私たちが小さいころはそんな言葉なかったような気がします。

今年はさらに、スーパーゲリラ豪雨なるものの警戒が必要だそうです

よくわかりませんが、ゲリラ豪雨がスーパーになってしまったみたいデス!

とにかく気象情報をこまめにチェックしながら、被害を最小限にできるように対策を講じましょう!!

 

今日はロコモ対策についてお話します。

ききなれないこの言葉、正式にはロコモティブ・シンドロームの略で、わかりやすくいうと、「運動器の障害により要介護になるリスクの高い状態」のことを指します。

・運動器自体の疾患

 加齢にと伴ういろいろな運動器疾患(変形性膝関節症、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症、骨粗しょう症など)痛みや、関節の動きが狭くなる、麻痺、骨折等で、運動機能、体力、バランス力の低下をきたす状態。

・加齢による運動器機能不全

年を取ることで人間は衰えます。筋力、持久力、運動速度の低下や、深部感覚の低下など、運動不足になりがちの高齢者が、筋力やバランス力の低下で、転倒しやすくなります。

が、大体の原因になるようです。

変形性関節症と、骨粗しょう症だけでも約、4700万人!!

恐ろしく多い!!

もう国民病と言ってもよいと思います

 

ロコモになってしまうことにより、介護保険のお世話にならなければならないリスクがとても高くなるといわれています。

さくら夙川接骨院は、「あちらの世界に行く前日まで元気に遊ぼう!!」

を高齢者の方のモットーにしています。

つまり、「ロコモ回避!」です

地域の健康寿命を延ばすために日々考えて参りましたが、ロコモ回避が、健康寿命延長に役立つのではないかと思い、ただいま関節の痛みに関しての治療プランを考えています。

イイですね、いつまでもみなさんそろって旅行なんて、

もし要介護になってしまったら・・・、

本人も非常につらいと思いますが、それに付随して、ご家族みんなが大変な日々を強いられてしまします。

そんなことにならないために、今から対策しましょう!!

詳しくは院内で (^▽^)/

当院へのアクセス

さくら夙川接骨院

所在地〒662-0977 兵庫県西宮市神楽町4-14 フクモトビル201
電話番号0798-38-2760
駐車場 一台有り
院長木屋 雅登