怪我と腰痛 | 西宮市・芦屋市・神戸市 さくら夙川接骨院

Blog記事一覧 > 未分類 > 怪我と腰痛

怪我と腰痛

2013.03.07 | Category: 未分類

家具量販店ニトリが販売した椅子の脚が折れて転倒し大けがをした上、うつ病になったとして、北九州市の40代の主婦が同社に損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第1小法廷は、ニトリの上告を退け、約1580万円の支払いを命じた二審福岡高裁判決が確定した。
 福岡高裁は「事故で腰の骨を折ったことをきっかけに、家族に迷惑を掛けている負い目や悲しみ、健康が回復しない不安などが複合的な原因となってうつ病を発症した」と指摘。事故と因果関係がある後遺障害と認め、一審福岡地裁小倉支部判決の約960万円から増額した。
 二審判決によると、主婦は平成20年、自宅で椅子に座り、当時1歳の長男をひざに乗せようとした際、脚部分が溶接の不具合で折れて床に転倒、腰椎骨折で入院した。その後、うつ病を発症し歩行困難となった。
 

MSN産經ニュースより
 

3日前のニュースですが、ご覧になった方もいらっしゃると思います。
当院には0~3才のお子様を連れて来院されるお母様方も
たくさんいらっしゃいますので
まだ1歳のお子様がいらっしゃるのに怪我の痛みで動けない、
ご家族への負い目と悲しみ、
なかなか治らないという不安を想像すると
他人事のように思えなくて
胸が締め付けられます…

 

小さなお子様を持つ方は
自分もこうなるかも…と不安になる方もいらっしゃるかと思います。

 

腰椎骨折も圧迫骨折、横突起骨折など種類がありますが
どの骨折でも言えるのは治療に時間がかかり、
また一回でも腰椎を骨折するとどうしても腰は弱くなってしまいます。

 

特に寒い季節は腰痛やぎっくり腰になりやすく、
実際、当院にも
「どうにかして欲しい!」って駆け込んでこられる方の中には

過去交通事故や転倒して腰椎を骨折した方がいらっしゃいます。

 

幸い、当院には地獄のようなヘルニアの痛みから生還した院長と、

その院長の腰を治した最終兵器があるので、

パッと治って帰って行かれますが、

腰を怪我した方はどうしても腰の悩みから抜けられないです。
 

皆様怪我には十分注意してくださいね!
 

当院へのアクセス

さくら夙川接骨院

所在地〒662-0977 兵庫県西宮市神楽町4-14 フクモトビル201
電話番号0798-38-2760
駐車場 一台有り
院長木屋 雅登