歪みやバランス異常の影響 | 西宮市・芦屋市・神戸市 さくら夙川接骨院

Blog記事一覧 > 未分類 > 歪みやバランス異常の影響

歪みやバランス異常の影響

2013.08.20 | Category: 未分類

ブログ用那須

 

 

 

以前、このブログで

体の歪みと原因について少し書かせて頂きました。

ので、

今回は歪みやバランス異常が

体に及ぼす影響を書かせていただこうと思います。

 

腰の高さが左右で違う!など、

密かに体のバランスや歪みが気になってらっしゃる方は

大変多いと思います。

 

体のバランスが崩れてたり

体が歪んでるとよくない。

それはそうですよね。

でも、「体が歪んでたら何が悪くなるの?」と

聞かれたら、専門家やその手の勉強をしてない限り

スラスラと出てこないと思います。

 

体が歪むと何が悪くなるのか?

もちろんスタイルが悪くなる!のは当然ながら

一般的には内蔵を圧迫して内蔵機能の低下や

血液、リンパ等体液循環の不良をもたらすため、

便秘や冷え症、老廃物の蓄積など

様々な身体不調の要因となると言われています。

 

でも、体の歪みの影響が

わかりやすーく現れるのは

ズバリ、頭痛、肩こり、腰痛、膝痛、腱鞘炎など

日常生活の中でよく見られる悩みの原因になって現れます。

 

例えば

前後バランスの崩れによるものは

背骨寄りの首、肩、背中、腰の痛みや

骨盤の真ん中(仙腸関節など)が激しく痛くなるぎっくり腰。

 

左右バランスの崩れによるものは、

首筋から肩にかけて怠くなる肩こりやそれに伴う頭痛。

左右どちらかが重くだるい腰痛や

お尻から足の外側にかけて出る

足のだるさなど鈍痛、坐骨神経痛。

 

という特徴があります。

 

たとえば、仮に今腰痛でないとしても、

前後、左右のバランスが崩れている人は、

疲れがたまったりすると腰痛が出る可能性が高いんです。

つまり、体のバランスを正常に保っていれば

肩こり、腰痛を始めとした色んな体の悩みに

悩まなくてもよくなるということですよね♪

 

続きはまた次回・・・

 

 

 

 

 

当院へのアクセス

さくら夙川接骨院

所在地〒662-0977 兵庫県西宮市神楽町4-14 フクモトビル201
電話番号0798-38-2760
駐車場 一台有り
院長木屋 雅登