「9月病」の症状と予防法 | 西宮市・芦屋市・神戸市 さくら夙川接骨院

Blog記事一覧 > マメ知識,未分類 > 「9月病」の症状と予防法

「9月病」の症状と予防法

2016.09.09 | Category: マメ知識,未分類

昨日お伝えしました9月病の主な症状としては、

 

やる気が起きない
集中力低下
無気がなくなる
食欲がない
気分がふさぐ、無駄に落ち込む
外出するのがしんどくに感じる

などなど、心の症状があります。そして、

眠りが浅くなる
朝起床時の倦怠感
頭痛
肩凝
めまい
腹痛

などの体の症状もあります。

特に心の症状が

※では、9月病にかかってしまう原因とは?

 

一概には言えないことですが、

・長い夏休み、非日常で十分に楽しんだ後なかなか通常生活に馴染めない、そして、気分が落ち込んでしまう。

・当院でも最も多かったのですが、夏場の冷房で体が冷え切ってしまい、自律神経が乱れて自分では制御不能になってしまう。季節の変わり目の急激な温度変化についていけない。それによって心身のバランスが崩れてしまう。このような事が重なって9月病は発症しやすいようです。

 
 

 

※9月病の予防法

9月病にならないためにはどうしたらいいのか?

大きな要因としてストレスを解消する、生活習慣を変えるという方法があります。

 

ストレス解消

心の症状がきつい9月病。

ストレスが多いなと感じる人は、まず「溜めない」こと、そして「解消する」ことを心がけましょう。

・自分一人だけでリラックスできる瞬間・方法を見つける。

・落ち込んでしまった時などは、解釈の角度を変えてみる。原因に対しての結果「因果」なので、悪いことが起こった反面、いいことも必ずあるので、それを見つけてみる。

二つ目の方法は生活習慣を改善することです。

 

生活習慣を変える

5月病、9月病には「睡眠」に関する症状が多く見られます。

質の良い睡眠をとることで9月病の予防になります。

その為に、

・寝る前一時間から二時間はパソコン、スマートフォンをやめる

 電磁波の影響もあるでしょうし、脳が興奮状態のなって休息しにくい状態になります。

・湯船に浸かり、しっかりと温まる。

 冷房生活で冷え切ったカラダ、不安定な秋の気候に自律神経が乱れていますので、

 シャワーだけではなく、湯船に浸かってしっかり温まりましょう。

 

~まとめ~

9月病にはココロとカラダのバランス崩れやすいことがわかっていただけたと思います。

ストレスを溜め内思考回路、自律神経の乱れを招く冷えやストレス、睡眠等。

バランスが崩れやすい時期だから、今こそ、ご自分の体を大事にしてくださいね。

もっと詳しいく聞きたい方は来院の際、誰でも結構ですから、お声をお掛けください。

当院へのアクセス

さくら夙川接骨院

所在地〒662-0977 兵庫県西宮市神楽町4-14 フクモトビル201
電話番号0798-38-2760
駐車場 一台有り
院長木屋 雅登