「油」のおはなし | 西宮市・芦屋市・神戸市 さくら夙川接骨院

Blog記事一覧 > マメ知識,那須 > 「油」のおはなし

「油」のおはなし

2017.07.12 | Category: マメ知識,那須

こんにちは、

さくら夙川接骨院の那須です (^^) 
いつもメッセージをご覧いただき

本当にありがとうございます m(__)m 
 

 

突然ですが、

当さくら夙川接骨院の理念は

「軽く動けるお体の創造、健康寿命の延長に貢献」

と、しております。

健康寿命の延長には、日々の食生活も重要です。

 

 

最近、「健康的」「体に良い」と言われる油が

話題になっています。

が、正しい使い方を知らないと、

良い油が体に害のある油になってしまったり。。。

 

 

と、いうわけで。。

今回は日々の食生活にかかせない

「油」のおはなしです(^^)

 

 

 

そもそも、食用油は健康に

どう関係するのでしょうか?

 

 

一言に油と言っても,例えば

サラダ油、ごま油、キャノーラ油、べに花油、オリーブオイル

など沢山種類があります。

 

 

その主な違いというのは、まず

「飽和脂肪酸」

「不飽和脂肪酸」

「必須脂肪酸」

の3つに分類できます。

 

 

さらに細かく分けると

「不飽和脂肪酸」はオメガ9系に、

「必須脂肪酸」はオメガ6系、オメガ3系に

分けることができます。

 

 

不飽和脂肪酸のオメガ9、オメガ3は適量であれば、

中性脂肪やコレステロールを下げる働きが

あると言われています。

 

 

また、今話題のこめ油などは

オメガ6などが多く含まれているので、

老化や生活習慣病の原因でもある

活性酸素を除去する強力な抗酸化作用もち、

悪玉コレステロールを下げ、

動脈硬化を予防する効果があると言われています。

 

 

じゃあオメガ9.6.3の

どれかだけを摂っていればいいかというと

そうではなく、

バランスよく摂る必要があります、

 

 

脂肪酸を摂る理想のバランスは

飽和脂肪酸3:不飽和脂肪酸(オメガ9)4:必須脂肪酸(オメガ6と3)3

が良いとされ、

このうち、必須脂肪酸のオメガ6とオメガ3の理想比率は

【オメガ6】1~4 : 【オメガ3】1

とされています。

 

ところが!

日本人の現在の食生活では

【オメガ6】10~50 :【オメガ3】1

ぐらいになってしまっているそうです。

つまり、オメガ6系を多量に摂り過ぎています。

 

 

オメガ6系を摂りすぎている事の何が問題かというと、

現代人はオメガ6系である

リノール酸を摂り過ぎていて

様々な健康リスクが高くなっています。

 

 

リノール酸を摂り過ぎると、 

・免疫力低下。

・生活習慣病が増加。

・ガンの発生

・炎症を起こしやすくなり、痛みや怪我を誘発。

・血圧上昇、血液を固める、血栓形成による脳、循環器系へのリスク増加

・食物アレルギーやアレルギー性皮膚炎、花粉症

等のリスクが増加するとされています 。

 

 

つまり現代人の食生活では

健康維持、予防どころか、健康リスクの問題を

抱えている事になります。

 

 

じゃオメガ6を摂らなければいいかというと

オメガ6は体内で作ることができないため、

ちゃんと摂らなければ

それはそれで病気を引き起こします。 

 

 

じゃあどうすればいいの?!

要は特定の脂肪酸を摂りすぎてしまっているので

バランスよく摂ればいいだけですよね(^^)

そのための詳しいお話は、また次回。。。

 

 

 

当院へのアクセス

さくら夙川接骨院

所在地〒662-0977 兵庫県西宮市神楽町4-14 フクモトビル201
電話番号0798-38-2760
駐車場 一台有り
院長木屋 雅登