交通事故で多い後遺症とは | 西宮市・芦屋市・神戸市 さくら夙川接骨院

交通事故で多い後遺症とは

思わぬ交通事故に遭って恐いのが後遺症です。交通事故による後遺症は様々で、事故の規模や人によって後遺症や症状の感じ方が異なります。こちらでは、代表な後遺症についていくつかあげてみました。

むち打ち症

交通事故の後遺症で多いのがむち打ち症です。むち打ち症は病名ではなく、正確には頸部捻挫、頸椎捻挫、外傷性頸部症候群といいます。交通事故によって頸部がむちを打ったように伸縮することで、頸部の筋肉や椎間板といった軟部組織、骨組織が損傷します。首や頭、肩などに痛みを感じたり、めまいやしびれ、吐き気といった様々な症状も現れます。

むち打ち症の中には、頸椎捻挫型、頸椎神経根型、バレリュー症候群型、低髄液圧症候群といった種類があり、症状の現れ方が異なります。整骨院では、症状を正確に把握した上で施術を行うことが大切になります。

上肢・下肢機能障害

交通事故によって、肩や肘、手の関節や手指を含めた上肢や、股関節や膝、足にまたがる関節や足指を含めた下肢が動かなくなった、もしくは動きが制限されるなどの後遺症が残るケースもあります。このような上肢・下肢機能障害で後遺障害等級の認定を受ける場合は、上肢や下肢がどのくらい動かないのか、関節の可動域角度がどの程度なのかによって評価されます。ただし、手指や足指は、別の等級認定基準によって等級が決められます。

高次脳機能障害

事故によって脳が損傷を受けることで、言語機能や記憶力、注意力、学習力といった脳の働きに障害が残る場合がありますが、これを高次脳機能障害といいます。約束ごとを忘れてしまったり、新しいことが覚えられない、単純作業のミスが増えるといった症状が現れ、日常生活に支障をきたしてしまいます。症状の程度や重さで後遺障害の等級が認定されますが、本人も自覚しづらく、障害の発見が遅れてしまうことがあります。

西宮にある整骨院の当院では、交通事故に関する専門のプログラムを用意しており、様々な辛い症状に対処していきます。これまで病院で交通事故治療をしてきたけどなかなか症状が改善されないというなら、当院へご相談いただきたいと思います。また、当院では整骨院でありながら保険についてのご相談も可能です。西宮駅から近く、西宮北口駅方面からでしたら電車を乗り換えてすぐお越しいただけます。お困りの際は是非ご利用ください。

当院へのアクセス

さくら夙川接骨院

所在地〒662-0977 兵庫県西宮市神楽町4-14 フクモトビル201
電話番号0798-38-2760
駐車場 一台有り
院長木屋 雅登