西宮市・芦屋市・神戸市 さくら夙川接骨院

ボニートマスク ーエピソード0-

2021.05.10 | Category: 未分類

こんにちは。さくら夙川接骨院❁田代です。

 

 

GWが明けて日常に戻りつつある中で、

大阪、兵庫、京都の3府県東京に出されていた

「緊急事態宣言」は、

解除予定の11日を目前に、愛知、福岡を含めた6都府県に拡大し、


5月末まで延長が決定
されました。

 

 

 

「コロナの予防にマスク装着はあまり効果がない」

 

というワードをチラホラ目にするようになり、

 

逆に健康被害が訴えられるようになってきている状態ですが、

 

マスクを外した生活を送れるようになるのは

 

まだまだ先になりそうな予感がします(。•́︿ •̀。)

 

 

 

そんなハイストレスなマスク生活

 

少しでも改善できることを今日はお伝えします(﹡ˆ﹀ˆ﹡)

 

 

 

3月、4月に新大阪と四日市で開催されたセミナーで

 

参加者に配られたマスクがあります。

 

このマスク、見た目は普通の立体型使い捨てマスクなのですが、

 


『ボニート加工』
されてます。

 

 

 

「ボニート加工って何なん?」

 

という方のために簡単にお伝えすると、

 

カツオの加工がしてあるということです(*^-^*)

 

 

なお訳が分からないことになった方

 

カツオって何だったかな~?という方

 

以前お伝えさせていただいた同じボニート加工をされた

ブランケットのブログを見てみてください(*´▽`*)

 

https://s-shukugawa.com/blog/post-3207

 

 

講師をして下さった小松先生は、

 

情報を広めるだけでなく

 

健康になるための商品開発もされる

 

すごい方なのですが

 

 

そんな小松先生の元には

 

「ボニート加工したマスクをつくってほしい!」

 

という要望が

 

マスク生活が始まって以後多数あったとのことです。

 

 

すでにブランケットやウォーマー、靴下など

 

いろいろなボニート商品がある中で、

 

マスクという素材に加工することが難しく

 

時間がかかったとのことですが、

 

 

待望のマスクが完成し、

 

セミナーの際プレゼントしていただきました( *´艸`)

 

 

 

苦労の末出来上がったマスクは、おなじみの「カツオ」

 

ではなく「フローラル」のいい香りで

 

気分も明るくなります°˖◝(⁰▿⁰)◜˖°

 

 

 

 

ボニートマスクの効果ですが、

 

水溶性遠赤外線放射帯加工技術が施されているので、

 

マスク自体に遠赤外線効果があり、

 

マイナスイオンを発生させてくれるんだそうです。

 

 

 

なので、

 

 

皮膚呼吸ができるようになり、

 

マスクが当たるところで起こるお肌の赤みが出るなどの症状にも

 

悩まされることがなくなり、

 

マイナスイオンの力でリラックス効果があるので、

 

呼吸も楽なる!

 

という何とも素敵マスクになったということです(*^-^*)

 

 

 

そして、ここからもう一つ

 

ステキ情報

 

あるんです!!

 

 

 

このボニートマスク、なんと・・・

 

「リフトアップします!!!」とのことです。

 

 

 

マスクつけただけでリフトアップですよ!!!

 

意味わかんないし、

 

信じられないですよね?!

 

 

 

「寝る前につけて朝起きたらリフトアップしてるよ」

 

と開発者の小松先生は普通におっしゃいましたが、

 

 

 

マスクをつけて寝るだけでリフトアップするなんて言う

 

魔法の様なマスクなんて夢の様ですよね!

 

 

 

 

ちょっと、これは検証してみたい!ということで、

 

4月某日、さくら夙川接骨院では実験してみました(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

 

 

 

色々と驚く実験結果が出ましたょ( *´艸`)

 

 

 

続きはまた次に・・・。

 

 

とっても可愛いピンクのマーガレット

 

初めて見ました(*˘︶˘*).。.:*♡

単なる風邪と同じです~番外編~

2021.03.26 | Category: 未分類

こんにちは。さくら夙川接骨院 田代です。

 

 

3/16(火)新大阪で開催された ライフサポートのセミナーについて、

 

私個人の感想を1部、2部、3部に分けて書き連ねてきたのですが、

 

「なんでこんなタイトルになったのか?」

 

というのをお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

こんなタイトルになった理由は、

 

『感染症の予防及び感染症の患者に対する
医療に関する法律等の改正について』

 

という、

 

なんとも長ったらしく、ややこしい、厚生労働省からの通知が関係しています。

 

 

 

講師をして下さった小松先生のブログでもアップされていましたが、

 

去年1月、新型コロナウイルス感染症が世界的パンデミックをおこし、

 

日本でも『指定感染症(感染力や罹患した場合の重篤性などに基づき分類される感染症)』

 

として、認定されていましたが、今年2月13日からは

 

『新型インフルエンザ等感染症』という部類に入りました。

 

 

すなわち、

 

・コロナ感染症は特別命の危険性の高い感染症ではない

 

・単なる風邪と同じなので、過剰にマスクやアルコール消毒をしなくてもよい

(しちゃいけないというわけではありませんのでご注意ください!)

 

・コロナが流行る前、2019年と同じ生活を送っても問題ない

 

ということにたどりついたからです。

 

 

 

 

セミナー当日は看護系医療関係者が複数名参加していたので、

 

それぞれの思いを話す機会を小松先生が作ってくださいました。

 

 

同じRNAワクチンである子宮頸がんワクチン苦しんでいる子どもたちがいてるのに、

 

コロナワクチン接種を進めることへの抵抗感

 

コロナ感染症疑いの人と接するという状況になったとしても、マスクやゴーグル、

 

防護服などをきちんと装着することで感染の予防は出来ている。

 

必ずしもワクチン接種が必要なのか

 

ほんとは打ちたくない、でも打たないという選択肢はないという医療現場の実際

 

などなど、

 

 

年齢、経験、現場など、同じ人は一人もいません。

 

ですが、思いは一緒なんだと感じました。

 

 

 

医療の現場とそこで働く人たちの思い。

 

普通に生活してるだけでは知ることができないようなことを

 

聞くことができ、共有することができる貴重な機会に

 

立ち会うことができました。

 

 

自分の耳で聞いて、自分の頭で考える。

 

このような内容のセミナーというのは

 

なかなかない、貴重なセミナーだと思います。

 

 

 

セミナーに参加された方は

 

私の思いや言葉でなく、

 

直接話を聞いているので、多くのエネルギーもキャッチされたと思います。

 

 

 

4/11(日)四日市市でのセミナーでは

 

どのような企画をされているのかわかりませんが、

 

学びの多いものになると思います。

 

 

 

ご興味のある方は、お声かけください。

単なる風邪と同じです 3部

2021.03.24 | Category: コロナウイルス

こんにちは。さくら夙川接骨院 田代です。

 

 

3/16(火) いつもお世話になっている

 

株式会社ライフサポートの小松覚先生によるセミナーが開催されました。

 

 

 

1部 音の歴史と周波数、 音によるコロナ予防

2部 コロナ、ワクチン、今後の展開

3部 コロナ対策商品

 

 

 

というテーマでお話をされたのですが、

 

いよいよ3部です °˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

 

 

 

 

3部はコロナ対策商品を教えていただける予定だったのですが、

 

今回のセミナーでは随時質問を受け付けるというスタイルだったこともあり、

 

疑問や不安に思っている参加者の方々からの多くの質問に先生が答えて下さったため、

 

ワクチンのこと、これから訪れる未来のこと話されました。

 

 

 

 

 

 

 

・任意のワクチンであるにもかかわらず、職場の空気的に打たざるを得ないが

 

打ちたくない。どうしたらよいか?

 

 

 

・副反応の中で一番注意しなくてはならないアナフィラキシーに関して

 

女性が多いのはなぜなのか?

 

など、

 

 

 

どういう行動をとればよいか知っているもののなぜなのか?

 

という内容まで、細かく教えてもらうことが出来ました ٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

 

 

 

 

 

ワクチンの秘密とこれから訪れる未来について

 

 

 

 

関係があるなんて考えたこともありませんでしたが、

 

 

とても重要な結びつきがあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

明るく楽しい夢のある

 

 

私の思い描く未来とは少し違う未来が訪れる予感がします。

 

 

 

 

 

でも、理想の未来が決して訪れないわけでもなさそうです。

 

 

 

 

 

どんな未来が待っているのか。

 

 

誰にも分りませんが、素敵な未来を選択出来たらいいなと思います。

単なる風邪と同じです2部

2021.03.23 | Category: 未分類

こんにちは。さくら夙川接骨院 田代です。

 

 

3/16(火) いつもお世話になっている

株式会社ライフサポートの小松覚先生によるセミナーが開催されました。

 

 

 

1部 音の歴史と周波数、 音によるコロナ予防

2部 コロナ、ワクチン、今後の展開

3部 コロナ対策商品

 

 

というテーマでお話をされました。

 

2部の内容について

 

私の感じたことをお伝えします!

 

 

 

 

世界的に、

 

コロナウイルス感染の有無

 

を調べるために実施されているのが

 

『PCR検査』なのは有名な話ですが・・・。

 

 

 

そもそもPCR検査というのは、

 

コロナウイルスを調べるものではない!

 

だそうです Σ(゚ロ、゚;)

 

 

 

 

 

また、イギリス型南アフリカ型などの

 

変異株もメディアを賑わせていますが、

 

 

それに関しても過剰に恐れることはない

 

とのことです ヾ(❀╹◡╹)ノ゙

 

 

 

 

 

飲食店や帰宅時に熱心に行っているアルコール消毒ですが、

 

そもそもウイルス自体はアルコールでは死なないΣ(O_O;)

 

ということを学ぶと同時に、

 

 

手荒れなどが悪化することで

 

トラブルが増加することの方が

 

問題ではないか?と感じました。

 

 

 

 

 

ワクチンについても、新たな知識を得たのですが、

 

ワクチンの種類は全部で7種類だそうです。

 

ただ、一般の人も医療現場で働くナースの多くも知っているのは3種類

 

近年開発されたRNAワクチンが加わって4種類というのが多いと思います。

 

 

 

 

 

 

代表的RNAワクチンである子宮頸がんワクチンについて、

 

副反応が想像を絶するものであり、

 

考え方は人それぞれですが、私は良いものだとは思えないものでした。

 

 

 

 

今回のコロナワクチンについても、メディアで報道されている通りRNAワクチンであり、

 

打ちたくない、

 

打たせなくない、

 

と思っていましたが、その思いは強くなったように思いますし、

 

 

RNAワクチン以外のワクチンに関しても、

 

本当に必要なのか?、

 

その後の人生に影響はないのか?、

 

と感じていた私に衝撃の情報が盛りだくさんでした。

 

(自分だけでなく、子どもや孫にまで

影響を及ぼすものだなんて全く知りませんでした!!!)

 

 

 

 

 

 

話は戻りますが、

 

今回のコロナワクチンは劇薬指定となっています。

(添付文書に記載されています)

 

 

 

劇薬とか麻薬とか、現場で働いていたときには

 

普段以上に気を張り詰めて管理し、

 

与薬していました。

 

 

 

 

そんなものを予防のために、という名目で

 

こんなに多くの人に使ってよいものなのか、

 

考え込んでしまいました。

 

 

 

 

 

 

何度もお伝えしていますが、感じ方、考え方は人それぞれです。

 

自分自身を、自分の大切な人たちを守るために

 

どのような選択をするのか。

 

 

 

 

 

悔いのない選択ができますように( ˘͈ ᵕ ˘͈ )

 

 

 

 

 

4/11(日)四日市市で小松先生がセミナーを実施されます。

 

 

四日市市文化会館 第4ホール

 

1部 10時~11時40分

 

音による振動療法の話

 

音振動療法体験

 

※体験はコロナの予防

 

2部 13時~16時

 

最新のコロナ、ワクチン動向

 

今後の動きなど

 

質疑応答

 

コロナの原因と対策

 

 

 

 

テーマは大阪と同じですが

 

話の内容は同じとは限りません!

 

 

 

 

 

 

ちょっと遠いですが、日曜日なので

参加しやすい方もいらっしゃるかもしれません。

 

子どもさんの参加も可能とのことです!!

 

 

 

 

 

自分自身の耳で聞いて、

 

じっくり考えてみてもいいかもしれません。

 

単なる風邪と同じです 1部

2021.03.19 | Category: 未分類

こんにちは。さくら夙川接骨院🌸田代です。

 

 

3/16(火) いつもお世話になっている

株式会社ライフサポートの小松覚先生による

セミナーが開催されました。

 

 

1部 音の歴史と周波数、 音によるコロナ予防

2部 コロナ、ワクチン、今後の展開

3部 コロナ対策商品

 

 

というテーマでお話をされたのですが、

 

内容がとても濃かったため、1回でまとめると

 

とても長くなりますので

 

分けてブログにアップしようと思います( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

 

 

まずは1部

当院でも治療に導入している

 

「サイマティクス・レゾナンス

(音響共鳴療法)」

 

 

 

↓↓↓「サイマティクス・レゾナンス」のことを書いているブログです📌

 

春です。花粉の季節です。

 

 

 

それぞれの細胞がもつ周波数をエーテル帯にあてることで元の状態に戻す

 

・音ではなく周波数をあびるため、聴力は基本的に関係がない

 

細胞が元の状態に戻るため症状が改善する

 

 

 

なんとも不思議な音治療の原理を以前よりは理解できたかなっと思っています (*´▽`*)❀

 

『音』と聞くと、耳から聞こえるものをイメージしますが、

 

音に含まれる波動や周波数がとても重要であること、

 

水や砂といった自然の音や神社などで神主さんがあげている祝詞、

 

言霊など、普段音として認識していないものも、

 

周波数を整え、体を元の状態に戻すことに

 

重要な役割を担っているんだそうです٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

 

 

1部の後半では参加者全員でサイマティクス・レゾナンスを体験。

 

複数台のスピーカーから音を出して全員で周波数をあびると

 

会場内の空気が変わり、普段認識していない

 

周波数というのを体感することが出来ました!

 

 

1台のスピーカーを使う時とは全く違う空気感、体感できてよかったです(*^-^*)

 

 

 

 

今回、セミナーに参加できなかった方に朗報です!

 

 

4/11(日)四日市市で小松先生がセミナーを実施されます。

 

 

四日市市文化会館 第4ホール

 

1部 10時~11時40分

 

音による振動療法の話

 

音振動療法体験

 

※体験はコロナの予防

 

2部 13時~16時

 

最新のコロナ、ワクチン動向

 

今後の動きなど

 

質疑応答

 

コロナの原因と対策

 

 

 

テーマは今回と同じですが、内容は同じとは限りません‼

 

 

 

ちょっと遠いですが、日曜日なので参加しやすい方もいらっしゃるかもしれません。

 

ご興味のある方はお声かけください!

 

 

春です。花粉の季節です。

2021.03.10 | Category: ぎっくり腰,未分類,秘密兵器,花粉症

こんにちは。さくら夙川接骨院🌸田代です。

 

 

寒暖差の大きい季節、ギックリ腰などで苦しむ人が増える春ですが、

もうひとつ、多くの人が困っていると思われる花粉症

 

 

周りにも症状が出だしたという人が増えてきましたし、

私も2000年に発症して以来、春と秋の2回、

大変な思いをしてきました( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)

 

 

そんな私ですが、一昨年、

魔法の空気清浄カードに出会い、

去年は春、秋ともほぼ症状なし!

 

 

ただ今年は鼻水、鼻詰まりの自覚ありです( ˘ω˘ ; )

↑こちらが以前にもご紹介した空気清浄カード✨

 

↓詳しくはこちらをご覧ください(*´︶`*)

未来の空気清浄機?

 

 

今年の花粉量は例年の7倍程度とニュースになっていましたが、

実は70倍との情報があると小耳にはさんだこともあり、

元々ティッシュが2~3日でなくなるペースで鼻をかんでいた

私ですので、1週間以上ティッシュがもっている状態で済んでいる

今は空気清浄カードのおかげでかなりの軽症です(﹡ˆ﹀ˆ﹡)

 

 

 

ただ、空気清浄カード様様ですが、鼻はかみすぎて痛くなるし、

花粉がくっついたのであろうあのチクチクした感じは

やっぱりツライのです(T^T)

 

 

 

そんなツライ花粉症症状を取り除いてくれる強い味方が

導入されました!!

 

 

『音治療器』です。

 

なんと!

スピーカーから流れてくる音を聞くだけ!!

 

 

私の場合は、鼻水鼻づまりの時に20分聞く

鼻の通りがよくなってその日はそれ以後症状なしでした!

 

 

お天気によって症状が出たりでなかったりはあると思うのですが、

今ある症状を取り除いて頂けて、

とてもありがたいです!!

 

 

 

またこの音療法、出てる症状を治すだけでなく

症状が無くても聞いているだけで

症状が出にくくなるんです!

 

 

 

花粉症だけでなく、肩こりやギックリ腰

気分の落ち込みから視力回復まで、色々できちゃいます!

 

 

実際に体験して、症状が改善している方多数(⁎˃ᴗ˂⁎)

 

 

音治療について気になる方、来院されたときに

院長に聞いてみてください!

身体が楽な方向に進んでいけるかもしれません!!

 

 

そして、そんな不思議な音治療について

3/16(火)新大阪で

株式会社ライフサポートの社長である、

小松覚先生がお話になられます。

 

 

音治療は当院で受けることができますが、

「音を浴びることでどうして身体が良くなるの?」

という答えに気付けるセミナーは

なかなかないと思います。

ご興味のある方はぜひご参加ください( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

 

 

 

音治療の体験も、セミナー参加

お問い合わせはさくら夙川接骨院まで!

 

明日は楽しいひな祭り☆

2021.03.02 | Category: マメ知識,未分類

こんにちは さくら夙川接骨院🌸田代です。

 

明日、3月3日はひな祭りです☆

 

当院のカウンターにも、今年から

NewFaceがいることに気づいていらっしゃいますか?

 

 

 

いつも悩むのがお雛様とお内裏様の並べ方・・・。

そこで少し調べてみました(*^-^*)

 

 

調べだして早々に大きな間違いに気づきました!

 

「お雛様」と「お内裏様」という表現は間違い∑(O_O;)

 

女雛と男雛を合わせた一対で「内裏雛(だいりびな)」というそうです(*^ω^*)

 

そして、問題の置き方が変わる理由!

 

 

 

内裏雛は「帝」と「妃」を模していますが、

今と昔とでは位置が変わっているからだそう!

 

平安貴族の姿をした雛人形。

「左方上位」という考え方があり、平安時代の帝は、

妃の左側(向かって右)へ座っていました。

 

明治時代の終わり頃から西洋式のルールにのっとって

日本でも天皇は必ず皇后の右側(向かって左側)に立たれ、

座られる場合も右側になったとのことです。

 

つまり関西は昔のルール関東は今のルールに従って、

雛人形を飾っているという事だったんですね ٩꒰ ˘ ³˘꒱۶~♡

 

なんだか一人ですっきりしちゃいました(*^-^*)

 

 

今では女の子のお祭りとして定着している桃の節句ですが、

本来は「上巳(じょうみ)の節句」といい、

旧暦3月最初の巳の日を指していたが、

年によって日がずれるため、3月3日に定められたそうです。

 

古代中国では、この日に水辺で身を清める習慣があり、

平安時代に日本に伝わってきましたが、日本では少し形が変わり、

穢れを払うために紙や薬草で作った「ひとがた」で身体を撫で祓い、

穢れを移した「ひとがた」を川や海に流す

「流し雛」という習慣になったそう。

 

テレビなどで流し雛という言葉は聞いたことがありましたが、

意味を知ったらとても奥深いと思いました!

 

 

 

昔と今とで解釈やお祝いの方法が変わっていたとしても、

大切な日本らしい行事のひとつだと思います!

 

みんなが素敵な桃の節句を過ごせますように☆

 

 

↑↑↑

去年、たくさんの雛人形がエントランスに飾られた

ホテルに宿泊したときの写真です☆☆

とうとう日本も動いた!(ワクチン)

2021.02.21 | Category: 未分類

こんにちは。さくら夙川接骨院❀田代です。

 

 

先日、

新型コロナウイルス感染症、

ワクチンに関するセミナー

のご案内ブログをアップしました。

 

 

そのセミナーの講師をしてくださる、

 

元製薬会社研究員、元国連の研究員である

小松 覚先生が 『衝撃的』 なブログをアップされましたので、

シェアさせていただきたいと思います。

 

 

今、順次開始されているコロナワクチンについて

情報となっています。

 

 

必ず目を通してください!

 

↓↓こちらをクリック↓↓

https://ameblo.jp/pureleaf-hb/entry-12658138584.html

 

 

 

人の命を、健康を守りたいという思いを持って、医師や整体師、教授達が

身分や名前を公表し、

立場や命をかけて情報を発信

してくださっています。

 

 

 

私たちも、ひとりでも多くの方にこのことを

お伝えしなくてはならないと考えています。

 

 

 

多くの情報が交錯する中ですが、自分で情報を収集し、

自分を、家族を、大切な人たちを守るため

どうしていけば良いのか

今一度考えてみてください。

「こんな時代に大切だと思う話!」

2021.02.18 | Category: お知らせ,コロナウイルス

こんにちは。さくら夙川接骨院❀田代です。

 

 

手洗い消毒うがい換気マスクの着用

みんなコロナ感染予防に努めてはいるものの、

完全に予防できない状況が続いています。

 

 

そんな状況を打破するために

世界中で新型コロナウイルスワクチンの接種がはじまっています。

 

日本でも先日、ファイザー社のワクチンが承認され、

一部の医療従事者に対して接種が始まりました

 

今後、

医療従事者→65歳以上の高齢者→

高齢者以外の基礎疾患のある人及び

高齢者施設などで従事する人→それ以外の人

と順次行っていく予定となっています。

 

 

日本政府は全国民が摂取できる数のワクチンを確保できるようにと、

ファイザー、アストラゼネカ、モデルナといった、

海外の数社から輸入する段取りをしています。

 

 

ワクチンの効果について、各社で異なった数値がテレビで報道されています。

そもそもその数値は本当に正しいのか?

数社のワクチンを使用するということは、

副反応の出現率や症状が異なるのではないか?

と感じています。

 

 

 

木屋院長はじめ、さくら夙川接骨院がとてもお世話になっている、

元薬の研究員元国連研究員、現在会社の社長をされている方が

3/16(火)新大阪でセミナー

を開催されることになりました。

 

 

日本の現状、今後の展開や真実についてお話が聞けると思います。

 

 

 

そもそも任意接種のはずなのに、

全国民が接種しなくてはならないというような空気が漂っています。

 

 

 

自分自身や家族、大切な人達のためにどうしていけばいいのか

今一度立ち止まって考える機会にしてみも良いのかもしれません。

 

 

今日は節分!

2021.02.02 | Category: お知らせ,マメ知識,未分類

こんにちは さくら夙川接骨院 田代です。

 

例年、2/3に迎える「節分」ですが、

今年は今日、2/2節分です。

 

節分の日にちが変わるのは、太陽の動きを元にした

二十四節気が関係しているためだそうで、

2/3が節分でないのは、1982年2/4以来37年ぶり

2/2に節分を迎えるのは1897年2/2以来124年ぶりだそうです٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

本来節分は季節の節目、「立春、立夏、立秋、立冬の前日」で、

年4回ありますが、旧暦では春から新しい年が始まったため、

立春前日の節分

大晦日に相当することもあり

「大事な日」とされていました。

 

そのため、立春前日の節分が重要視され、

「節分」といえばこの日をさすようになったそうです。

 

 

節分といえば「鬼は外、福は内」

大きな声で唱えながら行いますが、

鬼は邪気の象徴とされ、

災害、病、飢饉など、

人間の想像を超えた恐ろしい出来事は

鬼の仕業と考えられたからです。

 

 

みんなで「魔」「滅」する

「豆まき」を行い、

無病息災、疫病退散 

を願えたらいいなと思います(*´▽`*)❀

 

 

当院へのアクセス

さくら夙川接骨院

所在地〒662-0977 兵庫県西宮市神楽町4-14 フクモトビル201
電話番号0798-38-2760
駐車場 一台有り
院長木屋 雅登